真面目な恋人探しを望んでいる

真面目な恋人探しを望んでいる

真面目な恋人探しを望んでいる

真面目な恋人探しを望んでいる 人ほど、セフレ候補との出会い希望者がいると言うだけで、ある種のアレルギーというか拒絶反応を起こしてしまうかもしれませんが、それはちょっともったいないことです。

人間の感情は、後からいくらでも変わる可能性があるからです。

どういうことかと言うと、例えばセフレとかメル友という前提で知り合った男女が、ちょっとの間付き合ってみたところ、お互いに思いのほか相性が良いことが分かり、もう近頃では他のメールなどそっちのけにして、特定のパートナーとだけやり取りをしているということだって、展開としては考えられるからです。

メル友との出会いを考えていたけれど、特定のパートナーを見つけて、その人との相性が良くて、もはやそれは恋人同士の関係と言っても良いくらいではないか。

もともと、当たり前のことなのですが、人間の感情なんて思った通りにはいかないものです。

男女のどちらにも責任が無いのに、相性が合わずに別れてしまうカップルもあります。

男女の相性というのは意外に重要な要素で、例えばある女性から見れば最高の男性でも、別のある女性から見ればそれほどでもないということが考えられます。

その場合、女性の見る目が間違っているのかといえば決してそういうことはなく、ある女性が男性のことを「素敵な人」と判断すれば、その男性は本当に素敵な人になるのであり、また別の人が「イマイチ」と判断しても、それはそれで間違ったことではないのです。

特に、女性が男性の善し悪しを判断する基準は大きく違うので、どのような男性であっても、女性から好きになってもらえる可能性というのはあります。

だからこそ、一人の女性にたまたま振られたからと言って、俺はもてないんだ、もうダメなんだとあきらめてしまう必要はないですし、一つでも出会いのチャンスを多くして、その全てを無駄にしないよう、相手がセフレとの出会いを求めているから……という理由だけで出会いを避けるべきではないのです。

どのような女性が相手であっても、とりあえずはメールのやり取りくらいまでして見るべき。

それが私の考え方です

もちろん、真面目な恋人を探している会員とセフレを探している会員では、どちらかの考えが変わらない限り、出会いのミスマッチということになるでしょう。

お互いの価値観が絶対に変わらないということが分かった時点で関係を終わらせるのも正しい選択の一つですが、お別れするまでの間に、その人との間で交わしたコミュニケーションは、決して無駄なものにはならないのです。

男性にとっては、乙女心の謎というものが少しくらいは分かるようになるチャンスなのです。

男性会員にとってポイントの消費量が多く、女性会員はほぼ無料でサイトを利用できる。
そのようなシステムを採用している出会い系は多いですが、「ASOBO」の場合もそうです。

出会い系の世界は、女性の会員に集まってもらわなければ成り立たないという意味でも、やはりこの市場は男性より女性の立場が強いのです。

これはもう仕方のないことかもしれません。

「ASOBO」を利用している男性会員が、もうちょっと無料で利用できるポイントを増やすか、もしくはポイントの単価を下げてほしい、と望んでいる声は多く聞きますが、これは当然のことでしょう。

サイトのシステムとしては、日記機能が非常に楽しいと評判です。

話題が続く限り何日でも楽しめて、自分が書いた日記によってポイントが還元され、また、他のユーザーが自分の日記を読んでコメントをくれる可能性もあります。

自分の発信したことに反応があると嬉しいですよね。

もちろん、異性だけでなく同性も日記にコメントできるので、このアプリでは単純に恋人やセフレを探すだけではなく、だいたい同世代の友人とも出会える可能性があるということです。

非常に使い勝手の良いアプリ

例えば、出会いアプリの中には「婚活向け」とされるものも公開されていますが、このアプリに限っては、そこまで大きな制約はありません。

使い道は個人の自由です。

少しネガティブな意見としては、細かい地名まで指定した地域検索がやりにくいとか、ポイントの購入画面に進むまで時間がかかるとか、ちょっとしたマイナスポイントもあります。

しかしながら、これらの問題については、サイトの利用自体に慣れてしまえば気にならなくなるものばかりでしょう。

私自身も、確かに地域検索は少し操作が難しいかなと思ったのですが、苦痛に感じるほどではありません。

オススメサイト

せフレ作るpatinoquintana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">